3つの名前を持つビタミン、その名は・・・

 皆さん、バレンタインデーはチョコレートあげましたか、貰いましたか?  虫歯にならないように、ダラダラ食いはやめてしっかり歯磨きしてくださいね  さて、本日は3つの名前を持つビタミンのお話しです。  ある時は「ビタミンB7」、またある時は「ビタミンH」、そしてまたある時は「ビオチン」と呼ばれるビタミンです。  ビオチンは皮膚炎を予防することから発見されたビタミンだそうで、ドイツ人が発見したことからドイツ語で皮膚の意味の「Haut」からとってビタミンHとも呼ばれるそうです  ビオチンは皮膚や髪の毛の健康に関わるビタミンで、不足すると抜け毛や白髪、爪がもろくなったりします。美しい女性を目指すあなたに是非とってほしいビタミンです  ビオチンはいろいろな食べ物に含まれていますし、腸内細菌が作ってくれたりもするので普通に食事をしていれば問題ありません

続きを読む

体を鍛えてビタミンB6

 こんにちは、今回はビタミンB6についてです  ビタミンB6は摂取されたタンパク質(肉や卵など)を体の中で使うのに必要なビタミンです。タンパク質は皮膚や爪、筋肉などの元になる栄養素で体内でアミノ酸に分解されて使用されますが、このアミノ酸に分解するのにビタミンB6が関わっています。筋肉をつけようと筋トレして肉を食べても、ビタミンB6が足りないとうまくいかないわけです  ビタミンB6はビタミンB2と仲がよく、ビタミンB6がよく働くにはビタミンB2の助けが必要です。  ビタミンB6は足りなくなると肌荒れや口内炎を起こします、またGABA(ギャバ)というイライラを防ぐ物質を合成するのにも必要なため不足するとイライラや不眠の原因となる場合もあります    ビタミンB6は青魚や卵、玄米などに多く含まれますが、普通に食事をしていれば不足することはないようです

続きを読む

ストレス社会にパントテン酸

 本日はビタミンのお話しの続きになります。  今日のテーマは「パントテン酸」です、別名ビタミンB5(ビタミンB4はどこ?)です。  パントテン酸はストレスに対抗して分泌される抗ストレスホルモンの合成を促進するため「抗ストレスビタミン」と呼ばれています。ストレスの多い現代に欠かせないビタミンですね!    パントテン酸はありとあらゆる食べ物に含まれるうえ、腸でも合成されるため普通に食事をしていれば欠乏することはありません、安心ですね  特に多く含まれる食材は、牛・豚・鳥のレバー、鶏もも肉、干ししいたけ、たらこ、納豆などです。あー、今日はストレスたまったわーって時はこれらの食材を摂りましょう焼き鳥屋に行くとちょうどいいかもしれませんねー

続きを読む