知覚過敏

寒い毎日が続いていますが、少し慣れてきたかなと感じます(*^-^*) 冷たい水に負けずに手洗いをしましょう👊(できればお湯で(^▽^;) 冬になると水道水も冷たくなり、虫歯はないけど歯がしみる「知覚過敏(ちかくかびん)」が多くなります((+_+)) 誰でも経験あると思いますが、冷たい水やアイスなどを食べた時にチクッ、ズキンッ、ジワッなどと表現される感じの痛み。 あれ?おかしいなと思っているうちに治ってしまったり、結構長いこと続くことがあったりします。 知覚過敏は歯に見えないほどの細かーい穴があくことが原因になります。 特に歯の根元、歯茎との境目あたりに症状がでることが多いです( 一一) 細かーい穴を通じて歯の神経が冷たい水や歯ブラシで刺激されると痛みを感じます((+_+)) この細かーい穴は本当に小さいので、唾液に含まれるミネラルなどで自然に封鎖されることが多いです。 このため知覚過敏は様子を見ていると自然に治ることが多いです。 でも、歯に負担をかける習慣がある人、例えば ・歯磨きがしっかりできていない人 ・酸っぱいものや炭酸など歯を溶かす飲料をよく飲む人 ・かみ合わせの力が強い人 などは、ミネラルがうまく細かーい穴を封鎖できない場合があります。 なかなか治らない知覚過敏はかみ合わせの影響や隠れた虫歯がある場合もありますので歯科医院を受診しましょう( `ー´)ノ

続きを読む

新型コロナウイルスに対する当院の対応

寒さが和らぐ週となりました⤴ 来週また寒いらしいですが⤵ 愛知県にも緊急事態宣言が発令されました、豊橋も毎日20人くらい新規感染者がでています((+_+)) 当院における新型コロナウイルスに対する対応をお知らせします。 治療内容に制限などは設けていません、基本的にはこれまで通りです。 感染対策として ・来院時入り口での手指アルコール消毒 ・受付での検温→37.5度以上の方には治療の延期をお願いしています。 ・待合室の密を避けるためのアプリの活用、待合室人数のお知らせ(https://simpleclub.net/AS01/record/270/911ddc16dc2bddb33e756222737e78eb/) ・待合室の換気、加湿器の使用。マスク着用のお願い。 ・治療前うがい薬による口腔内消毒(イソジンもしくはグルコン酸クロルヘキシジン) ・診療室の換気、加湿器の使用。 ・治療中口腔外バキュームの使用。 などを行っています。 来院に制限はありません、不具合がある、気になることがある場合はご来院ください<(_ _)>

続きを読む

口腔機能発達不全症について2

とんでもない寒さが続いております⛄ 天気予報によるとまだ一週間くらいはこの気温が続きそうです⤵ しかししもやけは例年ほどひどくありません、ヒマがあればオロナイン軟膏を塗りたくっているからでしょうか( *´艸`) 昨年末に「口腔機能発達不全症」についてお知らせしました。 子供に明らかな病気がないのに、食べたり、飲んだり、話したり、呼吸したりといったお口の機能に問題が生じた状態を「口腔機能発達不全症」と呼んでいます。 ちなみに、高齢者が歳とともにお口の機能が衰えていくことを「口腔機能低下症」と呼びますが、それはまた別の機会にお知らせします<(_ _)> 口腔機能発達不全症ですが具体的な症状としては ・前歯でものが噛み切れない ・口をよく開けている(口呼吸) ・食べ方がおかしい(いつまでも飲み込まないでモゴモゴしているなど) ・発音がおかしい(特にサ、タ行) などがあげられます。 上記のような症状が病気がないのにある場合(例えば鼻炎で鼻呼吸できないから口呼吸になっているとか、奥歯がまだ生えていないからもごもごしているなど原因になりえるものがないのに)はお口の使い方を子供がうまく学習できていない可能性があります(-ω-;)

続きを読む