骨と歯にビタミンD

本日はビタミンDについてです

ビタミンDは丈夫な骨と歯を作るのに大切な働きをしています😃

食べ物から摂取されたビタミンDは肝臓と腎臓で活性型ビタミンDに変換されカルシウムやリンの小腸からの吸収率を高めます。
カルシウムは丈夫な骨に大切な栄養ですが、それだけでは十分な働きができず、ビタミンDのサポートがあってこそなんですね⤴

ビタミンDはすべての年代の人に大切なビタミンですが、特に妊婦さんや成長期のお子さんに大切とされています。
いわしやカレイなどの魚介類に多く含まれる他、日光を浴びると皮膚で合成されます。
外で遊ぶ子は骨が丈夫な子に育ちますね⚽

この記事へのコメント