食育の背景

 現代の食の問題点とはなんなのか?
 「食育の背景と経緯」によれば現代の食の問題点として
①脂肪摂取の過剰など、栄養バランスの悪化
②朝食欠食の習慣化、孤食(一人で食べること)や個食(家族が各々異なった料理を食べること)の増加傾向など、食習慣の乱れ
③児童生徒の肥満の増加、過度の痩身、体力の低下傾向など、健康への影響
④食の安全に対する信頼の喪失
⑤体によい食品・悪い食品に関する情報が氾濫する一方、適正な情報が不足していること
⑥食の外部化、ライフスタイルの多様化などにより、保護者が子どもの食生活を把握し、管理していくことが困難になっていること
⑦家庭において、食材に関する知識、調理技術、食文化、食に関するマナーなどを継承することが難しくなりつつあること
⑧食料資源の浪費
⑨食料の海外依存が進行し、食料自給率が低下していること
をあげています。
 どうも様々な種類の問題がありますね・・・。
 ⑧や⑨も食育に関わるとすると食育は単に「食に関する教育」というより「食に関わる活動のこと」を指すと考えた方が理解しやすそうです。
 食育について勉強すると張り切ったものの、上の内容すべてをやっていくのはたいへんそうです。
 ここは特に①~③の食と健康といったあたりを中心に勉強していこうと思います。
 

この記事へのコメント