デンタルプラークとは

朝夕は涼しく、秋の気配を感じれるようになってきました😃 本日は久しぶりにお口の知識情報です。 「デンタルプラーク」って、なあに? 歯磨きを一日怠けると、歯の表面にはネバネバした堆積物がたまってきます。これがデンタルプラークです。 歯垢とも呼ばれます。 プラークは1グラム中に1000億個もの細菌からなります。 皮膚や鼻の粘膜表面には1平方センチあたり1000~10万個の細菌数ですので、プラークの細菌の多さは際立っています。 プラークのやっかいな理由は 1)プラークとその中の細菌は抗生物質などのお薬で撃退したり、除去できない。 2)プラーク中の細菌はからだの免疫細胞でもやっつけることができない。 といったことがあげられます。 うがいでもプラークは除去できないので、歯ブラシでこするしかありません。 歯ブラシなどによって上手にプラークを除去しないと、虫歯や歯周病を予防することは困難です。

続きを読む