防災訓練に参加しました

 9月1日は「防災の日」、今日9月2日は豊橋市総合防災訓練がメイン会場豊橋総合スポーツ公園野球場、サテライト会場吉田方小学校、小松原海岸で行われました。  メイン会場では、消防、自衛隊などの防災関係機関に加えて三師会(医師会・歯科医師会・薬剤師会)や地域の方などが参加し実働型の訓練が行われました。    家屋が倒壊し、がれきから取り残された人を救助する訓練や  道路上に残され、救助車両通行の妨げになる車をパワーショベルで移動させる訓練などが行われました。(これ初めて見ました、車を壊してどかすのかと思っていたら、ショベルでやさしく押して動かしていく方法で、車にほとんど傷がつきません)  三師会では災害による負傷者に対する「トリアージ」訓練が行われました。  災害時には多くの負傷者がでますが、反対に医療機関は限られ足りなくなることが予想されます。「トリアージ」とは負傷者を重症度緊急度から分類し、限られた医療資源で助かる見込みのある人をより多く助けようとする方法です。  歯科では医師がトリアージした中で、口腔内のケガがある人に対する対処訓練を行いました。  いつ起こるかわからない災害に対する心構えが新たになった一日でした。

続きを読む